ずぼら女子の末路!?これって私だけですか?

 私は20代女子大学生です。私は周りの子よりもおしゃれに目覚めるのが遅く、中学、高校生時代も友達が休日に化粧をしていたり、学校に髪の毛を巻いてきたりするなかで、私は勉強や読書、食べることなど自分が好きなことばかりしていて、お小遣いも遊ぶたびにもらう制度で化粧やお肌の手入れ用品など買う余裕もありませんでした。そうして日々を過ごしていたため思春期ニキビに悩み、どうしたらいいのかわからずニキビが気になって触るため余計悪化していきました。

http://www.augouterbreton.com/

そして親が使っている化粧水や乳液などを使うようになりましたがニキビは治らずストレスがたまり、ニキビを治すときに一番やってはいけないニキビを押してつぶしてしまうことをしていました。この時白い液体が出てくることが楽しくて、頻繁にやっていたのですが、これが悲劇につながりました。高校を卒業した頃には思春期ニキビが落ち着いていたのですが、ニキビをつぶしまくったりニキビをなくそうと洗顔をごしごししていたりしたため毛穴が開き、ニキビ跡が残り、私の顔面はひどいことになりました。

 大学生になり、身だしなみとして化粧をしなければなくなったため化粧について学び、肌ケアについても調べ始めましたが、時すでに遅し。。。開いた毛穴は元に戻らないとしりどれだけ後悔したことか。脂性肌や乾燥肌、混合肌など自分の肌について考えたこともなかった私は、自分の肌がどのタイプかわからないため、自分の肌に合った化粧水や乳液がどんなものかまだ分かりませんが、今は無知な頃の私を恨むのではなく、前向きにきれいになる為に肌へのストレスを与えないようにしたり、美白や毛穴を少しでも目立たなくしたりと努力しています。無知な頃を後悔するより、知識を得た今を楽しむ方がきっと肌にもいいはずと信じて頑張りますので、少しでも共感できたら、一緒に頑張りましょう!