工事のない回線と工事の必要な回線の違い

一人暮らしをする際に工事がいらず、コンセントを指すだけで使用できるソフトバンクairを契約し生活をしていたが、PS4でオンラインゲームをしようとしてもゲームのアプデに訳1日くらい時間がかかりゲームをやる気が失せたりすることもあった。その時は理由がわからなくてすんでいる地域的に回線が弱いと思って我慢していた。

https://microrna.jp/hikaku/docomohikari-sonethikari/

翌年に引っ越し、そこも回線が弱いと思っていたが、しばらくすると賃貸にネット回線が無料で追加されその回線も強くはなかったが有線でつなぐと多少はよくなる程度だった。

また、数年後にPCでのゲームに興味を持ち、オンラインゲームを行うが回線が弱く詳しく調べると、ダウンロードの速度とアップロードの速度、pingなどが関係し、ソフトバンクairはそもそも携帯とかでは十分が、PCで行う分にはスペックが十分でないことを知り、同じ回線でも無線と有線では通信の安定やダウンロード、アップロードの速度が違うことを知った。

また集合住宅に元からついている回線は住民全体で使用していることも多く、ほかの人が使用していると回線が重くなることもあると知った。

なので工事等で費用が掛かったり、工事してもいいか大家さんへの確認作業が必要であるが、可能であれば光回線を公示して取り付けることの重要性を学んだ。