1年生の力を家庭で伸ばすには

子育てをしていると、子供の勉強を見なければいけないこともあります。

プラステンアップα

そのような場合、どういった心がけが必要なのでしょうか。

「親も、小学校に入学する気持ちになる」。

上に兄弟がいたとしても、1年生になる子供当人にとっては、初めての小学校です。

ですから、親も子供と一緒の気持ちになってみましょう。

毎日成長していく子供と並走することで、親もいつしか経験豊富な保護者となることができます。

「親も1年生を楽しむ」。

子供は、想像以上に親の言動を見ています。

親がポジティブな言動を心がけていれば、子供も前向きな学校生活を送れるようになります。

「『今日習ったことを教えて』と言ってみる」。

入学前に勉強の準備をしている子供の場合、入学したての時期の授業は単調に感じてしまうことがあります。

しかし、この時期に授業を軽視する癖が付いてしまうと、次第に内容が難しくなって行っても「何とかなる」と思ってしまい、勉強嫌いになってしまうおそれがあります。

「子供の「なぜ?」を共に考える」。

小学校の授業というのは、基本的に先生の口頭説明で行われます。

つまり、先生の話を聞くということが重要です。

「人の話を聞く」ということは、考えることのスタートでもあるのです。