マスクで肌トラブル増えています

新型コロナウィルスの感染防止対策で、マスク着用があたりまえの日常に変わってしまいました。
この一年間マスクを着け続けたことで、お肌トラブルが増えた方ば多いのではないでしょうか。

ヴィオテラスHSCセラム

頬やフェイスラインはマスクが当たってしまうので、擦れによるお肌のバリア機能が低下して、吹き出物が出来たり、かゆみやお肌のピリピリが出たりしたことで今まで使っていた化粧水がしみて使えなくなってしまったという話をよく聞きます。

マスクを着けている間は一時的に蒸れて潤ったような感覚になりますが、マスクを外した時に一時的に潤った水分が一気に蒸発して乾燥をまねきます。そこでまたマスクを着けることで、乾燥したお肌にマスクが擦れてお肌にダメージを与えてしまうという、無限の乾燥ループが起きてしまいます。

乾燥したお肌は、紫外線ダメージを強く受けやすいので、このマスク生活により、マスクジミがでてしまったり、ほうれい線がくっきり出てしまいます。
マスクが原因とわかっていても、まだ暫くはマスクが手放せない生活を送らなければならないので、布マスクを使ってお肌負担を減らしてあげたり、不織布のマスクの中にガーゼをあてて、直接肌に触れないようにしてあげることで、お肌ダメージを軽減させることができます。

マスク生活が終わった時に、自信をもって顔を出せるようにお肌ケアをしてあげないといけませんね。