何事にも乾燥は最大の敵!

職業柄化粧気もなく、基礎化粧品程度のみで過ごしてきた。さらに生まれつきアトピー性皮膚炎もあり、どちらかというと肌は弱い。

そんな私が30歳を目前にして、日本から渡米した。【本音口コミ!】ととのうみすとを購入したアラサー女子がその効果を暴露します!

渡米半年は、何も起こらず普通に過ごせた。だがそこからが、もう大変。

全身の肌という肌、頭皮も含め常に毎日かゆい。もちろんアトピーかと思いきやそのような症状ではなかった。乾燥が原因だったのである。だから夏も日本と比べ、過ごしやすいのも納得したくらい乾燥している。

乾燥に気づいてからは、日本の時とは比べものにならないくらいボディーローションを消費している。それも流行りのお店で売っている少し香りが良いものは全くと言っていいほど皮膚に浸透せず効かない。むしろ商品によっては、ベトベトして、かゆくなったり、皮膚が赤くなったりもする。

ドラッグストアで日本でもおなじみのニベアの1リットル入りプッシュボトルを購入し、さらにその油分を保護し浸透させるためにAquaphorを塗る毎日が続いて、やっと落ち着いた。

頭皮はかゆいことも日本に住んでた時より増したが、それよりも乾燥でフケが目立つようなった。それを解決してくれたのがOGXというオーガニックのシャンプー、コンディショナーだった。汚れはしっかり取ってくれ無駄に頭皮油分を落とさないような商品だ。使用することで徐々に頭皮も落ち着きを見せた。

最後に顔である。他の肌のようにニベアやAquaphorが使えない分一番苦労した。そして、かゆい症状に加え、毛穴が(特に鼻に近い頬のあたり)開き始め、最初は加齢によるたるみかと思いケアを続けていたが、原因は乾燥だった。それからは、日本人の肌に近い韓国人が経営するアお店でアロエ使用の化粧水と保湿液に変えた。それも保湿液はふんだんに使用するようになった。

最近良く言われることが実年齢はもちろん加齢していっているが渡米直後は、やつれ顔や老け顔だったが、今の方が若く見られるということである。

乾燥1つだけでこんなにも悩まされるとは思っても見なかったが、カラカラになる前に対処できて今は生き返った気がする。