ヘアドネーションという活動を通して

私の髪の毛は昔から量が多いです。おまけに伸びるのも早く、太くて癖毛で真っ黒です。プレミオール21日間スターターセット

モッサリして見苦しくみえないように月1で美容院に行っていましたが、カットだけとは言えお金がかかります。

それがずっと嫌でした。細くてサラサラで色素の薄い髪の毛の方が女の子らしくて、そんな髪の毛に憧れていました。

そんな短所しかない私の髪の毛ですが、今はヘアドネーションという形で誰かの役に立てています。

ヘアドネーションというのは何らかの理由で毛髪を失った子に、

寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供するという活動です。

きっかけは親友が若くして癌になったことでした。

抗がん剤治療で髪の毛が抜けてしまい泣いていた親友が、ウィッグのおかげで笑顔を取り戻せたのです。

その親友から「そんなに真っ黒で綺麗な髪の毛なら立派なウィッグになるよ」と、

ヘアドネーションの活動を勧められました。その日から毎日のケアを欠かさず髪の毛を伸ばすようにしています。

私の髪の毛がウィッグとなり誰かの笑顔のもとになっているのなら、そんなに嬉しいことはありません。

髪の毛が伸びるスピードは人一倍早いので、それを生かして今後もヘアドネーションの活動を続けていきたいです。