子どもの口臭の対処法

子どもが近くに来た時、「うわっ!口くさっ!」と言ってしまう時があります。その度に「ひどいことを言う親だな」と自分の事を酷い親だと思っています。少しでも子どもの口臭をなくしてあげたい、酷い事を言いたくないと思い、いくつか対処法を考えてみました。まず始めたのが、マウスウォッシュです。まだ幼児なのでキシリトールが配合されている物は使えないため、キシリトールの配合されていないブドウ味のマウスウォッシュを使用しています。

ブレスマイルウォッシュ

ブドウ味やイチゴ味など果物の味のするマウスウォッシュは、子どもも嫌がらずにうがいをしてくれるため、とても助かるアイテムとなっております。口臭はというと、その時はブドウの匂いなどになっているのですが、朝起きた時などは口臭がキツいためそれほど効果はないのかもしれません。

ママ友にも口臭で悩んでいる事を相談すると、舌ブラシはどうかと勧められ、舌ブラシを取り入れました。しかしまだ3歳で舌も上手にベーっと出すことが出来ないため奥の方の舌苔は取れずにいます。舌苔が除去されると少しは口臭も変わってくるかなと思うのですが、まだ口臭は変わっていません。虫歯も口臭の原因となるため歯磨きも丁寧に仕上げ磨きを行なっており、何かいい対処法はないかと模索中です。

誰もが気になる口臭の原因とチェック方法そして治療法

誰もが気になる臭いの一つに口臭があります。ブレスマイルウォッシュでリフレッシュした私の口コミ!

女性にも口臭がきつい人がいたりして注意しにくい時もあります。自分の口臭にはなかなか気がつかないこともあるので、出来る限り自分の口臭の原因を理解しておくと対処法がわかってきます。原因の多くは口腔内でバクテリアが繁殖して起こる臭いです。

バクテリアが増殖しやすい原因には口の中が乾燥していること、ブラッシングがうまくできていなかったりすることによって起こります。それ以外に多い口臭の原因には歯周病、虫歯、口腔癌、歯石などがあります。歯周病や虫歯など病気が理由であれば、早めに病院で治療することで臭いのもとを打ち消す効果があります。特に歯周病は臭いが強烈になりやすくまた歯にも影響を与えるものがあるので早めの処置が必要です。このほかに嗜好品やニンニクなどの香辛料が理由で臭うものもあります。

こうした臭いは嗜好品を減らしたり、摂取量を減らすことで抑えることができます。また臭いの原因が日常生活スタイルから来ていたりストレスが理由という人も稀にいます。生活の中で歯をすぐに磨く習慣をつけたりストレスを抱え込み過ぎないように注意すべきです。

自分の口の匂いには気が付かないという人にはビニール袋やコップに息を吹きかけて臭いを嗅いでみる方法が一番効果的です。それでもわからないという人は病院などで機械を使って医者に指摘してもらうことが効果的です。口臭は身だしなみの一つなので、自分でよくチェックし早めに対処することが大切です。

口臭予防グッズのメリット・デメリット

口臭でお悩みの方は数多くいらっしゃると思います。

原因は加齢や体質によるものや日頃の食事だったりと様々だと思います。

そこで、タイプやシチュエーション別に有効な3つの口臭ケア方法をご紹介いたします。

ブレスマイルウォッシュでリフレッシュした私の口コミ!3ヶ月間の効果と体験談を暴露!

1つめはマウスウォシュです。

なんと日頃の歯磨きで落とせる汚れの割合は歯の表面の25%しか無いそうです。

そこで有効なのが薬用マウスウォシュを普段の歯磨きと併用する事で、有効成分を隅々まで行き渡らせ、あらゆる菌を減少させる事です。

口臭ケアに特化したものや、歯周病予防に重きを置いたものもあるので、お悩みに合わせて選ぶと良いでしょう。

何と言っても即効性が期待できるので、お出かけ前などには非常に助かりますね。

2つめはサプリメントです。

飲むだけですので即効性はありませんが、無味無臭であること、手軽に摂取できる事からこちらも人気があります。

最近では喉奥や舌の根までクリーンにしてくれるトローチタイプのものも主流になってきているようです。舐めるだけで簡単にケア出来るのが魅力ですね。

3つ目は喉に直接吹きかけるスプレータイプです。

こちらも抗菌作用が中心のものや、ニオイを除去する香料がメインのものまで様々です。

シュッと口内に吹きかけるだけで効果を発揮するので、お手軽でとても良いですね。

ただし、人前でするのが恥ずかしがる人や持続時間が短かったりとデメリットもあるので、気をつけて選ぶようにしましょう。

口臭ケアのグッズは様々ありますが、どれもメリットやデメリットが存在します。お買い物の際はよく見極めてから購入するようにしましょう。

オススメの口臭ケア、基本から番外編まで。

 私は仕事柄、お客様と会話する機会が多く、口臭は特に気を遣うポイントです。可能であれば、マスクをした状態で仕事が出来れば、まるっと問題は解決しますが、お洒落の面でもそういうわけにもいきません。試行錯誤の連続ですが、その中でも良かった物や方法を紹介していきたいと思います。

http://shonan.itigo.jp/

 まずは舌磨きです。歯磨きの際に、必ず舌の垢、舌苔を、専用のブラシで優しく、かつ完璧に取り除きます。この舌苔が、個人的には口臭の8割を占めていると睨んでいます。

 次に、デンタルフロスの使用です。先細毛の歯ブラシを使用していても、意外に取りきれない物が歯の間に詰まり、口臭の原因になります。正しい使用法で行えば、毎日歯茎に優しく異物が除去できます。

 また、3ヶ月~半年に一度、歯科医院でクリーニングする事です。自分だけでは取りきれない歯垢が、口臭の原因になっていると実感できます。施術後は、匂いはもちろん、爽快感が素晴らしいです。ついでに検診も受け、虫歯も治療しておけば、口臭の原因を断ち切れそうです。

 ここまでは、基本的なケアのお話でしたが、ここからはプラスアルファをご紹介します。

 一つ目は、膿栓除去です。聞いた事がある人もいるかもしれませんが、喉の奥の扁桃腺に詰まった、ゴミの事です。これもかなりの臭いの原因になります。私は小さい頃は指で押し出していましたが、喉を傷付けてしまうため、耳鼻咽喉科や口腔外科で除去する方がいいそうです。今では自己ケアが良いのか、出てこなくなりました。

 クイックケアとして、マウスウォッシュも中々お気に入りです。特に、女性には嬉しいフルーツの香りの物です。最近では携帯用の小さなパックや、香りの種類も増えたので、歯磨きが出来ない状況でも、お手洗いでさっとケアできそうです。

 更に番外編として、アメリカ製のマウスウォッシュも中々強者と思います。がっつりミント系が多いですが、一度の使用でかなりの爽快感があります。アメリカに旅行の際は、気になったらお土産にいかがでしょうか。「Dr.○○」や「Dentist formulated」と書いてある少し割高な物が個人的にオススメです。

 基本的に口の中は、細菌が繁殖し臭いの原因が作られやすい条件が揃っているそうなので、どれだけ菌の種を除去するかが大切と思っています。これからも、自分に合ったケアを見つけ出しながら、良い商品が開発される事を願っています。

口臭の原因は歯間の汚れ

歯をきちん毎日磨いていても、歯間を綺麗に磨いている人は少ないと思います。特に歯間の汚れは通常のブラッシングでは落とせないこともあります。その結果、口臭が臭くなったり、虫歯になったります。また、歯周病にもなります。歯周病になるとこれまで以上に口臭が悪化します。

ブレスマイルウォッシュ

歯間ブラシを使用することで歯間のケアは出来ますので毎日毎回行うと口臭予防になります。歯間の汚れをほっておくとだんだんと口臭が悪化しますので要注意になります。しかしながら、歯間ブラシを強くすると血が出ることもありますので優しくするがポイントになります。

また、おすすめはブラッシング前に歯間ブラシを使いその後、ブラッシングを行います。その後、再び歯間ブラシすることでより確実に歯間の汚れ取ることが出来ます。

また、口臭のケアとしてその後のケアも大切です。歯間ブラシがおわったら、マウスウォッシュをすることでより口臭が悪化しにくいことになります。マウスウォッシュをすることで口臭を清潔に長時間保つことができます。また、寝る前にマウスウォッシュを使用すると朝起きて口のねばねば感や臭みは少なくなります。歯間ブラシとマウスウォッシュを併用することで大きな成果を得ることが出来ます。

口臭はオジサンの証明!?

今まで口臭を気にすることはなかったのですが、結婚してから妻に「生臭い、生きているな~って匂いがする」と言われるようになりました。今まで付き合った歴代の彼女にもそのようなことを言われたこともなく、どちらかと言うと口臭はないと思っていたのでかなりショックでした。http://officialjoshnorman.com/

自分は40歳前に結婚して今では40代半ば。よく子供の頃に「おじさん達って口が臭いよな、独特のオジサン口臭がする」と思っていました。自分もそう思われる年齢にさしかかかってきたのでしょうね、きっと。

やはり「口が臭い」と言われて気分のいい人なんていません。何とか口臭を防ごうと毎食後には念入りに歯磨きをしています。よく舌に付いた白いモノが口臭の原因と言われていますが、舌も念入りに手入れするようにしています。後はこまめに水分補給をして口の中が乾かないようにする、人との話す時はフリスクやミンティアなどを口にするようにしています。

歳を取るとどうしても唾液の分泌量が減って、口が臭くなると聞いたことがあります。自分もそのような年齢になってきたのだと少し寂しい気持ちはありますが、先ほど述べたような予防策で防ぐしかありません。

でもいいんです、若い頃はモテたくて口臭にも気を遣っていましたが、今じゃそんな必要もないですし(笑)。妻ともキスすることもなくなりましたし、今後若い女の子とキスをする機会なんて皆無でしょうから、今のありのままの自分を受け入れるまでです。

口臭対策は歯磨きだけじゃ不十分?

口臭は、エチケットの1つであり人と会話する時に影響がでてきます。少しの口臭であれば、普通に話す場合だと自分の口臭が相手の鼻まで伝わるという事はほとんどないですが、あまりに口臭がきついと相手にも伝わってしまいます。そこで、毎日歯磨きをして口臭予防をしていく事が必要ですが、実は歯磨きだけだと少し不十分です。

ブレスマイルウォッシュ効果!

歯磨きで歯を綺麗にする事ができますが、歯ブラシで届かない隙間とかあるし歯石になるとかなり頑固で歯ブラシのブラッシングじゃ取れない時もあります。また、歯磨きが雑になるとどんどん隙間に歯垢がたまっていって、気付いた時に歯磨きで取れにくくなっていますよね。

そこで、定期的に歯科医院に行って歯を綺麗にしてもらいましょう。歯科医院では、専用の器具を使って歯を丁寧に磨いてくれるので歯垢や歯石をほとんど取り除く事ができます。つまり、口臭対策としても期待できる方法ですよね。さすがに小まめに行くと金銭的な負担が大きくなるので一ヶ月に1回歯科医院で歯を綺麗にしていきます。一ヶ月に1回行くだけでもかなり歯の清潔感が違います。もちろん、毎日の歯磨きが雑だと駄目なので、まず正しい歯磨きの仕方をマスターして丁寧に毎日磨くようにします。

口臭をチェックする方法

口臭のチェック方法の1つは、手の甲を少し舐めてみて自然乾燥で乾かして匂うと、ある程度の口臭が分かります。

チェックの前には、手洗いをしておきます、他の匂がついていると分かりにくいので

食後で香りの強い物を食べた後も止めておきましょう
キラハクレンズ

2つ目は、ハンカチやマスクを口に当てて5分口呼吸をします なるべく蒸気が出るように ゆっくりと呼吸して下さい

そして1分程度乾燥させます 乾燥も勿論ですが、自然乾燥で行って下さい、ハンカチなど洗濯の際

柔軟剤を使用していると分かりにくい事がありますnoで注意して下さい。

そして匂を嗅いでみると分かります。

ご家庭では、あまり無いとは思いますが所持していれば 学校の理科に実験などに使っているリトマス試験紙の使っても分かると専門家の論文にも

書いてあるらしです。

虫歯や歯周病、胃腸が悪い方も独特の匂があります。虫歯、胃腸が悪い方の匂は、チェック方法が無く自覚症状もないので

病院に行くと検査してもらえます。

自分で出来るには、上の2つだと思いますので、気になる方は是非、試してみるといいでしょう

もし、匂がありましたら、病院やクリニックで相談するといいと聞いていますので早めの受診をおすすめいたします。

口臭が気になったら歯医者さんを受診しよう

口臭が気になる、と言う方、多いと思います。ブレスマイルウォッシュの効果を徹底検証!購入して使った私の口コミ&体験談!

きちんと歯をみがいていても、ガムを噛んでみても、何だかにおう……?

口臭が気になるのなら、一度、お近くの歯科医院を受診してみてください。

その口臭、虫歯が原因かも!

自分でも気がつかないうちに、虫歯が増えていることはよくあります。

でも、歯医者さんに行くのはこわい……

最近、歯科医院で使われている麻酔は、痛みを感じにくいものも多いんです!

しかも、麻酔が効くのも、だいぶ速くなりました。

歯医者さんがこわいのは、すでに昔のこと。

最近の歯医者さんは優しくて親切ですよ。

行ったついでに口の中の悩みを全部相談しちゃいましょう!

みなさんは歯をみがく時、歯ブラシと歯みがき粉だけを使っていますか?

歯間ブラシを使って、歯の間の汚れもていねいに取りましょう。

そして、歯をみがき終わったあとは、マウスウォッシュで口の中をすすぎましょう。

「マウスウォッシュはからくていや!」と言う方には、センシティブタイプのマウスウォッシュもありますし、子ども用の甘いマウスウォッシュでも、十分に効果が得られますよ。

口臭が気になると、顔が上げられなかったリ、ひとに近づけなかったり、悩みがつきませんよね。

早めに歯科医院を受診して、相談してみてくださいね。

そして、虫歯が原因でないとわかったら、胃腸の異変かもしれませんので、その時は内科の先生に相談してみてください。