始めから頑張り過ぎずに始めましょう

ダイエットを始めよう!と思ったとき、いきなり運動や筋トレを頑張りしぎちゃったり、きつい食事制限をしていませんか?

最初に頑張りすぎてしまうと、ダイエットが続かないことがよくあります。

まずは簡単なことから無理のない程度に準備から始めてみましょう。

おススメするのは4点です。

http://www.ecim2016.org/

①朝起きたら白湯を飲む。

白湯は内臓を温める効果があり、基礎代謝を上げ脂肪を燃焼しやすくしてくれます。朝起きたらまずは、コップ1杯の白湯を飲む習慣をつくりましょう。

②食事の質を考える。

いきなり、食事制限をしてしまうとストレスで続かなかったり、

我慢の反動で暴飲暴食を引き起こしてしまうことがあります。

量を減らすよりも、まず「バランスの取れた食事」意識しましょう。

主食、主菜、副菜をバランスよくとり、炭水化物だけ食べることのないようにしましょう。

また「食べ順」もダイエットには大切です。

野菜や汁物から食べ始め、肉や魚といったおかず、最後にご飯やパンなどの炭水化物を撮っていきましょう。

この食べ順は、血糖値の急激な上昇を抑えることができるため、糖質が脂肪になりにくくなります。

③就寝前にストレッチをする。

就寝前にストレッチをすることで、疲れた筋肉がほぐれ血の巡りがよくなり、寝ている間の代謝もアップさせてくれます。

またむくみ解消といった効果も得られます。

④睡眠をしっかりとる。(7時間以上が目安)

睡眠不足だとホルモンのバランスが崩れ痩せにくい体になります。

また十分な睡眠を取った場合のカロリー消費量は、40分ランニングをした時の消費カロリー相当だと言われています。

しっかり睡眠を取り太りにくい体にしていきましょう。

4つのポイントをあげましたが、ダイエットは日々の積み重ねが大切です。

4つのポイントが習慣化されれば意識も自然と変わっていきダイエットに向けての体と意識の準備ができていきます。

初めから無理して頑張るのではなく、少しずつ自分のペースでできることから始めて継続していきましょう。

私の愛犬もとみは、最高の友であり頼れる存在

もとみは、今十四歳の柴犬で頼り甲斐ある逞しく優しいオスです。http://worldangusforum2017.com/

もとみ以外にも猫を2匹飼っていますが、仔猫だった時戯れて鼻面を引っ掻かれても決して怒らず辛抱して見守ってくれたのです。その時から、私はもとみにメロメロです。なんて優しいの、あんたはと、思わず声を掛けた程です。

彼は私を見て目を細め尻尾をさわさわと動かして見せました。自分より小さな命への慈愛そのものの行動は、老犬になっても変わりません。痛痒みを伴う皮膚炎が長引いて前足で引っ掻く度キャインと悲鳴を上げるのに、患部に猫が触れた時等悲鳴さえ我慢している事があります。

人間だってこんな風に成れるでしょうか。カラダが弱っていても、信頼は格別で私の匂いが染み付いたお古ショールに頭を載せて眠ります。

二人息子が其々独立して結婚した時寂しさと虚しさに苛まれ眠れぬ夜を過した時、もとみは弱って傷んだ心に寄り添ってくれました。猫が帰ってこない夜、心配で何度も寝床を確認に行く時何度でも私を嬉しそうに眺め、頭を撫でる手を舐め、温かい体温を分け与えました。言葉が無くてもわかり合える奇跡の存在。常に私の痛みや傷を憂い、側にいる家族であり、最高の友なのです。この稀有な存在に感謝し、彼との時間が少しでも長からんコトを。

ヘアドネーションという活動を通して

私の髪の毛は昔から量が多いです。おまけに伸びるのも早く、太くて癖毛で真っ黒です。プレミオール21日間スターターセット

モッサリして見苦しくみえないように月1で美容院に行っていましたが、カットだけとは言えお金がかかります。

それがずっと嫌でした。細くてサラサラで色素の薄い髪の毛の方が女の子らしくて、そんな髪の毛に憧れていました。

そんな短所しかない私の髪の毛ですが、今はヘアドネーションという形で誰かの役に立てています。

ヘアドネーションというのは何らかの理由で毛髪を失った子に、

寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供するという活動です。

きっかけは親友が若くして癌になったことでした。

抗がん剤治療で髪の毛が抜けてしまい泣いていた親友が、ウィッグのおかげで笑顔を取り戻せたのです。

その親友から「そんなに真っ黒で綺麗な髪の毛なら立派なウィッグになるよ」と、

ヘアドネーションの活動を勧められました。その日から毎日のケアを欠かさず髪の毛を伸ばすようにしています。

私の髪の毛がウィッグとなり誰かの笑顔のもとになっているのなら、そんなに嬉しいことはありません。

髪の毛が伸びるスピードは人一倍早いので、それを生かして今後もヘアドネーションの活動を続けていきたいです。

年中ダイエットしてる私

私はいつもボディのこと肌のこと自分のことをよく考えています。ベルミススリムタイツの効果

毎日明るく健康的な生活をするために必須なのがダイエットです。食べ過ぎた翌日は自分でも何故かわからないくらい機嫌が悪かったり子供に当たってしまったりお腹がいっぱいで余裕がないという生活をしている時がありました。

きっとそれは子供にも自分にも優しくない行為であり最低な母親だと感じるばかりです。

しかし年中やっぱりダイエットのことを考えているのでコンディションを整えるのは日常生活では必要不可欠な事例だと感じています。おすすめのダイエットは子供と一緒に遊び疲れることです。

例えば散歩やウォーキングなど、また子供と料理をする楽しさを実感して頭を使って疲れるということも私にとっては大事なことです。またお菓子を作るなら豆腐を使ったヘルシーお菓子にしてみたり消化がいい材料や美容にい食べ物を取り入れて内側から綺麗になることを子供と一緒に心がけています。

子供が大きくなったら一緒に走ったり運動をしてダイエットを取り組んでみたいという願望もあります。ダイエットは心と身体の安定剤だと思っているので何が起ころうとこれからも続けていきたい自分の課題であり安定剤です。

白髪の対処法

30代後半から徐々に白髪が増えてきました。http://www.le-ici.com/

数が少ないうちは1本1本抜いていたのですが、そのうち数も増えてきて、さらに後頭部など自分で見づらい部分の白髪が抜けなかったのでどうしようかとしばらく悩んでいました。

 美容院に行って染める、自分で染める、誰かに抜いてもらうなど色々考えたのですが、美容院でも家庭用でも染めるのは頻繁に染めなくてはいけない気がして面倒なのと、皮膚が弱いので繰り返し染めるのは避けたいと思いました。誰かに抜いてもらうのも、そんなことを頼める相手がいないので、選択できませんでした。

 同じく白髪が最近出てきた姉に相談したところ、白髪が染まるトリートメントやヘナを紹介してくれました。

 シャンプー後に使う白髪染めトリートメントは継続が必要ですが、肌がピリピリすることもなく使い勝手が悪くなかったです。ただし、冬場でシャワーだけの時に放置する10分くらいの時間が寒くて耐えられないので、春~秋にかけて利用しています。

 冬場は、ヘナを利用しています。ヘナも放置時間が必要ですが、シャワーキャップをかぶって洋服を着たまま室内で放置しているので、寒くなることはありません。ただし、草独特のにおいが何日か残るので、仕事が連休でお休みになる前日など使える日を少しだけ選びます。

 もう少し肌が強ければ、美容院で染めるなどもありだと思います。